古武道って??? だと思います。空手発祥の地である琉球には、昔からたくさんの武具を使った武道が伝承されてきました。また江戸時代より武家や忍者に伝わる武術もあります。琉球少林流月心会では、こうした武術も学ぶことができます。


<ヌンチャク>
ブルース・リーでおなじみの武具、ヌンチャク。入門時にプラスチックのものを購入していただき、練習します。ブルース・リーのヌンチャクは、達人である彼が、他の武具の動きと合わせて独自に開発したものと言われています。私達の練習では、ヌンチャク本来の伝統的な動きの基本を学びます。


<トンファー>
断じて吉本の芸人さんではなく(爆)、琉球の古武具です。最近では戦隊ものやアニメでも使われ、男の子はよく知っているかもしれません。古武道ですが、武具としてはロサンゼルス市警でもハンドル付き警棒として使用されています。型の突く、叩くといった動きは空手にも通じていて、空手と一緒に学びやすいものです。


<サイ>
漢字では「釵」と書きますが、これは本来、かんざしを意味する漢字。形が似ているので、この字が当てられたそうです。見るからに危険そうな武具ですが、琉球の警棒だったと言われています。尖っていて物々しいのですが、これで突き刺すという動きはほとんどなく、受ける、叩くという動きが型の中心です。


ちなみに、左の写真は、東京西地区本部長・吉田有六段補の釵の記念演武で、琉球伝承型です。
このほか棒術、半棒術、杖術、鉄扇術などを稽古できます。
古武道の稽古は、通常の稽古中にはヌンチャクだけをやります(これは必須です)。それ以外のものは、ご希望があれば…となりますが、初段取得後、少し余裕ができてから始める方が多いようです。不定期ですが土曜日の13時から久我山会館の2階で、有志で稽古をしています。


さらにさらに…
その他には?

More Info
琉球少林流月心会空手道 東京西地区本部 古武道って?
見学・入門